カテゴリ:読書雑記( 3 )

暮らしのおへそ


その人だけがもつ「おへそ(=習慣)」を紹介する本の存在を知りました。
年に2回の発行だそうです、それくらいがちょうどいいな。
f0226787_9525070.jpg


今号は、中谷美紀の特集でした☆素敵。
f0226787_9525246.jpg


日々の暮らしにその人らしいものを詰め込んでいる様子が分かりました。
f0226787_9525888.jpg


先輩ページは紙質も変わってて面白い。
f0226787_9525615.jpg


バックナンバーにも吉本ばななやもたいまさこ、小林聡美など気になる人の特集がいっぱい。
気になる本の仲間入りとなりました。
[PR]
by chiharun3939 | 2011-10-14 21:49 | 読書雑記

ルノワールとまんが道



「ルノワール-光と色彩の画家-」読了。
f0226787_2332348.jpg


大阪でやってるルノワール展に行きたかったな。
開催時期にちょうど大阪にいたけど、時間がなくて行けなかった・・ と思っていたら、
ひょんなことから近所のおばさんから「チハルちゃん、帰りの飛行機で読んでね」と
この本をいただいたのです。そんなお心遣い、ほんとにほんとに感激でした。

「まんが道」全14巻も読了。
f0226787_2333328.jpg


ルノワールの本もまんが道も、共通してる部分があるな と思った。
ルノワールは絵を、まんが道では漫画を描くことが本当に本当に大好きで、
同じ意識を持つ仲間たちと一緒に制作して、お互い競い合って成長していく感じ。

この本を読み終えてしまったことが寂しい・・。
それくらい素敵で、今の時代にはなくなってしまった(と思う)ものがありました。
[PR]
by chiharun3939 | 2010-05-31 23:06 | 読書雑記

おーい!竜馬

f0226787_2164649.jpg


武田鉄矢が原作のマンガ本。最近はまってしまい、もう8巻まで揃った。

最初は、絵があまり好きではなかったけど、読んでいくうち内容にもはまってか慣れてきた。

フィクションを交えて描かれているので、歴史解釈に誤解を生じるとも言われてるようだけど、とても読みやすくて、竜馬のユニーク&柔軟さが表現されていて、読んでいると竜馬ファンになると思う。

私は高校時代大学受験で、世界史を選択したので(言い訳)、日本史はまるでダメ。
高校受験で勉強した程度で、しかも興味が浅くてほとんど覚えていない・・・。

なので、この「おーい!竜馬」を読むと坂本竜馬のことだけではなく、
幕末で起こったキーワードだけで覚えていた事件、争いごとの経緯や意味、
その当時の人たちの葛藤がめちゃんこよく分かって、ただただ「なるほどなぁ」と思う。

初めて新婚旅行をしたという話も、坂本竜馬の人物像からなるほどなと納得。

司馬遼太郎著の『竜馬がゆく』がベースになっているそうなので、
この漫画本を読んだ後に読んでみると楽しいのかもしれない と思った。
[PR]
by chiharun3939 | 2010-03-14 21:04 | 読書雑記

仕事:Webクリエイター。生粋の関西人。京都1年半、函館2年半に続き、名古屋に移り住んで6年目! 日々のつれづれ、育児、グルメなど、忘れたくない大切な思い出を綴っていきます。


by chiharun3939
プロフィールを見る
画像一覧